Fielder's(フィールダーズ)

山の端日記

間一髪

  カテゴリー:お庭の様子, 伊那と周辺の様子・イベント  タグ:

10/8に伊那発で幕張メッセに向かいました。
10/9~10/11までの農業資材展に出展。
10/12の朝6時過ぎには幕張から伊那への帰路につきました。
この頃にはもう雨風が強まっており、逃げるような感じで・・。
本当なら三連休の初日で中央道は40km以上の渋滞予測でしたが、
さすがにこの天気ではガラガラ。
八王子ICを過ぎたあたりから、雨はさらに凄まじく、ワイパーを一番早くで動かしても前が見えないくらい・・。
轍に溜まった水たまりに突っ込むと急ブレーキがかかったり、横の車線や対向車線から大波のようなしぶきが飛んできて視界がブラックアウト。
もう怖すぎ。
笹子トンネルを越えて、山梨に入ると少しだけ雨はましになり、やれやれです。
10時過ぎに伊那へ到着しました。
サテライトセンターにて展示会で使用した資材を下ろし、市街でお買い物。
帰りにみはらしファームにも寄りましたが今日は臨時休業のようです。
家に帰ってきましたが、市街地ではあまり感じなかった風が、ここでは結構強まってきているようです。
でもこの時はまだ正直なめてました。前回の15号の時はあまり風が吹かなかったので・・。
16時ぐらいからいよいよ風が激しくなってきて・・。
そのまま暴風雨へ。
目の前の栗の木が激しくうなり、裏の隣の敷地に立っている檜の林も大きく反って振られます。
恐い・・。本日2度目の恐怖体験です。
18時頃にはもう、暴風が吹き荒れ、逃げ出したいくらいの状況になってきました。
ふと裏を見てみると、檜の一本に裂け目が入っているのが薄闇の中に見えました。
「これはヤバいよヤバいよ」
どうしようと思ってもどうしようもなく、神に祈るしかありません。
しばらくすると「ずっしーん」と腹に響く音が。
「倒れたっ!」
急いで山側の窓から外を見てみると、目の前に檜の枝が、わさっと・・。
家には載っていないようですが、どんな状況なのか。
見に行きたいけど、それは危険です。
さらに加えて、まだ裏には大きく揺れている檜が数本あります。
隣の木が倒れれば、間違いなく家を直撃します。
早く台風去ってくれ・・。
心の底から願います。
でも、なんかこの頃になると、妙に肝が据わってきました。
「もう、なるようにしかならんか・・」と。
で、普通に晩ご飯食べて、9時頃に就寝し・・。
静5時頃に起きると、すっかり静かになっていました。
他の檜は倒れてこなかったようです。
明るくなって確認です。

隣地の裏山の檜は途中からポッキリ。

折れた檜の倒れた先は・・。

間一髪ですね。
あと1mずれていたら・・。
本当に良かった。
もう裏のひょろ長い檜、全部切って欲しい・・。

間一髪 狩猟・農業・林業などアウトドアフィールドで活躍される方々に役立つ ツールや資材を開発・提供しています。

Copyright©Fielder’s(フィールダーズ),2019 All Rights Reserved.