Fielder's(フィールダーズ)

山の端日記

本年もよろしくお願いいたします。

  カテゴリー:お庭の様子, 南信州以外の長野、山梨, 薪ストーブ  タグ:

さて今年の初長野は伊那・・を通り過ぎ、松本へ・・。
昨年11月23日のブログにも書いたように、「望仙の家」に薪ストーブを設置する方向に大分気持ちが傾いてきているのですが、設置スペース等課題も多いため、調査を続けています。
その一環としてハンドメイド薪ストーブを作っておられる「山林舎」さんへ。
シンプルで炎を楽しむことができる薪ストーブを製作されています。
設置スペースも今まで打ち合わせてきたものより、コンパクトに収まるように思われます。
お値段も思ったより手頃。
ただ、カスタムとなると、やっぱりピキャンオーブンのような、独立オーブンの2室タイプがよいかなと思っていたのですが、そのようなタイプはあまり経験がないご様子。設計はしていただけるとのことですので、お願いすることにしました。
続いて、安曇野の設計士さんのお宅へ・・。お留守でした。(ノーアポだったので当たり前か)
続いて、とても景色がよいと教えてもらっていた池田町のカフェ「わきざか」さんへ・・。
営業されていませんでした・・。
調べたら年末で閉店されたご様子。もっと早く来ていればよかった。

この「わきざか」さんのあたりや、池田町立美術館のあたりはとても景色がよいですね。
少し小高くなっていて、眼下に安曇野の田園を見下ろし、対面には北アルプス(今日は曇りですが)。
惚れる景色です。

閉店後「わきざか」さんの土地、家屋は譲られる方向のようですね。
このすばらしい景色とお庭、良い方の手に渡れば良いのですが。
さて、やっと伊那入りです。
積もった雪がまだ大分残っています。
入り口にはノギランドスケープデザインさんにお願いしていた土留め用の割繰り石が積んでありました。
入り口の坂も年末に砂利を敷いたおかげで、ドロドロもなく良い感じです。


そしてキャンピングカーの水道が凍って出ません。
やっぱり長野の寒さは凄いわ・・。暖房を入れて溶かさねば。
さて作業・・・という気にもならず、買い物に行って、工事休業のためしばらく入っていなかった「みはらしの湯」でゆっくりし、早めの夕食をとって寝てしまいました。まだ7時半だぞ・・・。

本年もよろしくお願いいたします。 狩猟・農業・林業などアウトドアフィールドで活躍される方々に役立つ ツールや資材を開発・提供しています。

Copyright©Fielder’s(フィールダーズ),2018 All Rights Reserved.