Fielder's(フィールダーズ)

山の端日記

枕木の門柱を建てる

  カテゴリー:お庭をつくる(植栽), お庭を作る(DIY)  タグ:

今日のメインタスクは「門柱を建てる」です。
入口駐車場の石積みも未だ残っていますが、いったんそれは置いておきましょう。
門柱を建てるのには少々時間がかかります。
枕木には防腐剤が染みこませてありますが、念のためさらに防腐塗料を塗っておきたい。
せめて土に埋めるところだけでも。(土から出る部分は後からでも塗れる)
塗装をするということは、まず乾かすための時間が必要。
土をかける前に、底の部分にモルタルを流し込んで固定をしたい。
これにも24時間ぐらいはモルタルを乾かす時間を見込む必要があります。
ゴールデンウィーク中に終わらせるには、今始めなければ間に合いません。
というわけで作業開始です。
まず枕木を所定の長さに切ります。
当初この作業にはチェーンソーを使う予定でしたが、買えなかったのでのこぎりで手作業です。
結構大変。
続いて、防腐塗料を塗ります。
今回塗るのは、キシラデコール。黒じゃ無いけど黒っぽい色という観点で選ぶとあまり選択肢はありませんでした。
防腐塗料は0.7Lで3000円弱と結構高いですね。ちょっとびっくりです。

とりあえず塗料の缶がなくなるまでぬった後、雨が降るとドロドロになって歩けなくなる工場側の斜面をユンボで踏んで少し固めたり、枕木を建てるための穴を開けたりして塗料が乾くのを待ちます。

塗料が乾いて準備OKとなったら、穴の底に砂利を敷き、突き固めておきます。

そして、モルタルの準備。モルタルを作るのも初めてなので、ネットで調べてセメント7kg程度と砂20kgを混ぜて、そこに水を入れながら均一になる様にかき混ぜていきます。練った後のモルタルの固さはネットからでは分かりませんので、左官屋さんが作っておられた感じを思い出しながら水量を調整します。
これで準備完了。
いよいよ穴へ枕木を落とします。うんしょと穴の中に落とし、位置と水平を微調整します。位置が決まったら砂利を周囲に落としてつき固めてとりあえず枕木が自立する様にします。
自立したら、その周りに先ほどのモルタルを落として周囲へ行き渡る様にします。
セメント7kg程度と砂20kgでは多いかと思いましたが、ちょうどぐらいでしたね。

なんとかしっかり建ってますね。
モルタルが乾くまで24時間ほどこの状態で放置です。
続いての作業は、昨日に引き続き横須賀から送られてきた花を宅急便の営業所で引き取りです。今日の花は「アルペンブルー」。
垂れ下がる様に花が咲くとのことで、斜面に植え込んでおきました。
昨日買った樹木も植えなければなりません。
シラカバはアルペンブルーを植えた斜面の下の方に、ナナカマドは工場側斜面の下の一番奥の端に植えてみました。

アルペンローズは、植える場所が決められなかったので、また次回以降植え込もうかと思っています。

枕木の門柱を建てる 狩猟・農業・林業などアウトドアフィールドで活躍される方々に役立つ ツールや資材を開発・提供しています。

Copyright©Fielder’s(フィールダーズ),2018 All Rights Reserved.