Fielder's(フィールダーズ)

山の端日記

ゴールデンウィークにやり残したこと

  カテゴリー:お庭をつくる(植栽), お庭を作る(DIY), 家の建築  タグ:

日の出はずいぶん早くなりました。
最近は4時に家を出ると滋賀県でもう日の出の時間となります。
本日天気予報は晴れですが、日の出頃は見事な朝焼けです。
天気予報通り、天気は崩れていくのでしょう。

伊那の土地に到着すると、造成は先週の打ち合わせ通り完了しており、丁張りも完了。基礎の掘削も始まっていました。


本日も基礎工事は行われるようです。
ユンボで掘っていかれますが、基礎はなかなか深く、土がたくさん出ます。
当初は敷地内の造成で土を全て使うつもりでしたが、もうこれ以上盛るところがありません。
坂道横の造成地にはすでに造成された上にぼた山で土が積んであります。
基礎屋さんとお話しして、畑で使えそうな黒土を残してもらって、後は搬出してもらうことにしました。
さて我々は先週やり残したことをやっていきましょう。
やり残していたことは、
・入口の駐車場の石積み
・門柱の上部分の塗装
・散水の効率化(二人で並行作業で水を撒ける様にする)
で、
加えて工場側の斜面に枕木の階段を取り付けましょう。
アルペンローゼの植え替えもやってしまいたいし・・。
はたして明日の雨が降るまでに全て終われるでしょうか。
手分けして作業です。
私はまず散水の効率化を行います。
ぶっち嫁は門柱へ防腐塗料を塗っていきます。
どちらもそんなに時間をかけずに完了。

続いては入口駐車場の斜面に、二人で割り栗石を積んでいきます。
これは・・なかなか難しい。綺麗に積めません。
とりあえず積んでみましたが、これはセンス0。
様子見てダメだったら積み直しですね。
どうしたら綺麗に積めるんだろう。

続いて、私は工場側の斜面に階段を作るべく作業を始めます。
斜面を削りこんで、道筋をつけますが、ずれ止めの杭が2本しか無かったので、こちらは今日はここまで。続きは明日です。

ぶっち嫁は庭木に水をやっています。
ゴールデンウィークに植えた、メキシコ万年草は無事に根付いた様で、元気を取り戻しています。
しかし、アルペンブルーはほとんどしおれたままです。ただ花の数は増えていますので、今後元気を取り戻してくれることに期待です。
その他の木々はとりあえず異常なしです。
アルペンローゼも枕木の門柱の側に植え替えておきました。
それにしても今日はすっきりとした天気でした。
南アルプスもとても綺麗です。残雪の残った山頂と、下から攻め上がってくる新緑のコントラストがとても良いです。
一年のうちで一番綺麗な時期では無いでしょうか。
作業の合間に何度も見とれていました。

この写真はパノラマです。
横スクロールして見てくださいね。

ゴールデンウィークにやり残したこと 狩猟・農業・林業などアウトドアフィールドで活躍される方々に役立つ ツールや資材を開発・提供しています。

Copyright©Fielder’s(フィールダーズ),2018 All Rights Reserved.