Fielder's(フィールダーズ)

山の端日記

重大事故発生

昨日は、だらだらして早く寝たので、今日は早起きです。
まずやることは、来週の目隠しの植栽第2弾のために、工場側の土地の外縁部を綺麗にしておきましょう。
植栽第一弾の時はまだ雑草も生えていませんでしたが、今は結構茂っていますし、低木の切り株があちこちに結構残っていて、植栽の邪魔になるので抜けるものは抜いておきたい。
そこでミニユンボの出番です。
作業初めてしばらく立った時に「事故」は起こりました。
「ぐしゃーん」

そうです。ユンボをひっくり返してしまいました。
木の根っこを掘り返そうと、ショベルの爪をかけて抜き起こそうとすると、逆にショベルカーの方が持って行かれてしまいました。
ユンボに乗ったままこれが起きれば大惨事でした。幸いなことに、斜面でちょっと不安定な感じがしていたので、その時はユンボにまたがらず、横に立って操作をしていましたので、巻き込まれずに済みました。
もし乗っていたら・・・。下手したら死んでいたかも。
小さいユンボと言っても重量300kg。それの下敷きになったことを考えると・・。くわばら、くわばら。
そして今、生きていることに感謝。
さてひっくり返ったユンボを起こそうとしましたが、重くてどうやっても起こせません。
しばらく放置で・・。
・・ここで基礎屋さん登場。
ひゃあ、助かりました。
置いてあった基礎屋さんの大きなユンボで無事に起こしてもらいました。
ありがとうございました。
今日が基礎屋さんの作業日で良かったー。
今後は肝に銘じて作業姿勢に気をつけて作業に取り組みましょう。
「ご安全に」
さて、作業再開し、植栽の場所を綺麗にすることができました。
これで来週の植栽はぱっちりです。

続いては・・、昨日受け取った、栗の枝。
そのまま使おうかとも思ったのですが、あまり綺麗ではないですね。
色がすすけている部分があったり、カビの跡が点々とついていたり。
綺麗にならんかなぁと思いながら試しにサンダーを当ててみました。
おぉ、少し削ってやると、綺麗になるではないですか。

それでは続けてやってみましょう。
しかし結構難しい作業です。
力を入れると、削り込みすぎで、表面がすぐガタガタになってしまいます。
枝分かれしている部分も難しいし。
できるだけ優しく、優しくサンダーを当てるのがこつでしょうか。
とりあえず細い方1本だけ綺麗にして、太い方はまた今度ということにいたします。

現場では基礎内部の立ち上がり型枠組みが始まっています。
まもなく梅雨のため、天気が不安定になってきているので、未定ですが、次の土曜日頃にはコンクリートの打設第2弾が行われるかもしれません。

山は雪もほとんど無くなって、雲も夏雲の感じになってきましたね。

さて、京都へ戻りますか・・。

重大事故発生 狩猟・農業・林業などアウトドアフィールドで活躍される方々に役立つ ツールや資材を開発・提供しています。

Copyright©Fielder’s(フィールダーズ),2018 All Rights Reserved.