Fielder's(フィールダーズ)

山の端日記

植える!!

  カテゴリー:お庭をつくる(植栽), 家の建築  タグ:

滋賀県で大雨、愛知はすっきり。今日は変な天気です。
今週もいつものように8時頃伊那入り。
今日のメインタスクは横須賀の元地主さんから届けられてきているアガパンサスを植えること。
坂を下ったところにある南箕輪のクロネコヤマトに配送所留め置きで届いているはず。
取りに行かなければなりませんが、でもその前にやることを。
まず、私はうちの製品の強度評価するための道具をセットします。
やっぱり展示会でも強度について聞かれることが多かったので、できるだけ定量的に評価できるような準備を進めます。

それから、日がすっかり短くなり、暗くなってからアプローチの坂道をバックで登るのがちょっと怖いので、坂道の両側にソーラーの灯りを埋めておきました。
嫁はアガパンサスを植える予定地の草取りをせっせと行います。
その後、買い物をして、アガパンサスの受け取りに・・。
私はアガパンサスがどんなものか知らなかったので、現物を見たときに、その量の多さに目が点になりましたが・・。大きな段ボール箱が5箱。
これは気を引き締めてかからなければなりません。

昼ご飯を食べてから作業開始。
ここはミニユンボを投入しなければならないでしょう。
ミニユンボで植え込み予定地を掘り起こして、土を軟らかくします。斜面の作業なのでユンボをひっくり返さないように慎重に。
その後ショベルで穴を掘って植え込んでいきます。

午前中は比較的暖かだったのですが、昼からは曇ってなんだかとても寒くなってきた・・。
と思ったら植え込み作業中にとても冷たい雨が・・。
アガパンサスはなんとか植え込みましたが、同梱されていたスズランの根などは植えられませんでした。

それにしても冷え込んできました。やっぱり京都とは違いますね。
さて、今日も大工さんたちは作業されています。
外壁はモルタルが塗られています。ただしこれは中塗りまでということで、まだ上塗りの作業が残っているようです。

建屋内は天井板を張る作業に入っており、主要なところはほぼ張られています。この天井板は敷地に生えていた檜から製材されたものです。色々な節の表情がありとても面白いです。
リビングには特にきれいな板が使われています。

富沢さんにお願いしなければ、このように木を活かした建前はできなかったと思います。敷地の木を活かすことが私達の願いでした。手間をかけていただいて感謝感謝です。
日が暮れてきました。
朝、設置した灯りが点灯し始めました。
もう一つ設置したものがありました。ステンドグラスで作られた常夜灯です。

アプローチがちょっと賑やかになりました。

さらに冷え込んできました。
今晩は温泉で暖まりましょう。
そして、ヒーターも今秋初始動。
いよいよ冬が近くなってきましたね。

植える!! 狩猟・農業・林業などアウトドアフィールドで活躍される方々に役立つ ツールや資材を開発・提供しています。

Copyright©Fielder’s(フィールダーズ),2018 All Rights Reserved.