Fielder's(フィールダーズ)

山の端日記

そして家になる

  カテゴリー:家の建築, 薪ストーブ  タグ:

今日の朝は冷え込みました。
氷点下9度ぐらい?
昨日とは打って変わってとても良く晴れています。

暖房入って、ネット繋がって、テーブル入って、電灯点くようになったので、簡単な仕事なら家の中でできるようになりました。進歩です。パチパチ。
トイレも問題なく使用できています。
今日は朝から、畳を入れて貰いました。同じ半畳の畳12枚ですが、隣り合った畳の角度を90度回して、畳の目で市松模様を作ります。。
するとシンプルながら、味わいのある模様になります。
畳の内側は昔のわらと違って人工素材で、思っていたよりも固いですが、表地は昔ながらのい草で、とても良い香り。ヒノキの香りに負けていません。
さすが長野の名工。良い仕事をされます。

これで和室が完成しました。
同時に家が完成しました。
今まで長かったですね・・。
やっとですね・・。
といってる間に「山林舎」さんが登場、薪ストーブの取付です。
今日は仲間とお二方での作業ですが、煙突の取付から本体の取付までなかなか大変そうです。


その間、富澤さんのお客さん候補さんが、家の見学に来られました。
まだお若いご夫婦なので、うちの感覚が合われたかは分かりませんが、良い土地を見つけられて、良い家を建てられれば良いですね。陰ながら応援しております。
結局薪ストーブの取付は、10時頃からかかられて、15時半に据え付け完了。

試験運転です。
手順を踏めば、案外簡単に着火します。
「山林舎さん」によれば、家が高気密なせいか、すこし空気の吸い込みが不足気味とのことです。
薪ストーブ用のエア取り込みを追加した方が良いかもしれません。

しかし、これで家の工事としては完了です。
来週には鍵を本鍵に変更し、ぼちぼち生活必需品を搬入していきましょう。
それにしても今日は寒い一日でした。

そして家になる 狩猟・農業・林業などアウトドアフィールドで活躍される方々に役立つ ツールや資材を開発・提供しています。

Copyright©Fielder’s(フィールダーズ),2019 All Rights Reserved.