Fielder's(フィールダーズ)

山の端日記

狩猟免許初心者講習会

  カテゴリー:伊那での暮らし(狩猟)  タグ:

罠猟の免許を取得して3年が経ち、今年免許の更新を行いました。
それがきっかけで、猟銃の免許も取っておこうと思い、再び狩猟免許試験を受けることにしました。
伊那の我が家の周囲にもイノシシの目撃情報がありますし、この前も夜中にガサリ、ガサリと獣が歩く音が聞こえてましたので・・。
さてさて、この試験の特徴は、猟友会の主催する講習会に参加する必要があること。
いや、別に参加しなくても良いのですが、知識問題はともかく、実技となると講習会に参加するとしないとでは、難易度に雲泥の差が出ます。
つまり講習を受けると、実際に試験に使う器具を使用して、実際の試験内容に基づいて説明や実技を行うことができるので、合格率が大幅にアップします。
まぁ狩猟の世界では猟友会と行政は「とても仲良し」ということですね。
色々思うところはありますが、試験を受ける以上受かりたいので、ここは猟友会にお布施します。
場所は亀岡市にある、「ガレリア亀岡」。道の駅登録もされていますが、コミュニティセンターも兼ねた、なかなか立派な施設です。
ここの大広間で講習はありました。

午前中は座学ですが、私は罠猟免許を持っているので、「猟具に関する知識試験」以外は免除なので、ほぼ聞いているだけ。
本番は午後の実技講習ですが、実際に模造銃を触っての講習となります。
私は模造銃でも銃と呼ばれるものを持つのは初めて。少し緊張します。
まずは分解、組立。必ず「銃腔に実包異物無し」を確認してから作業します。分解、組立は慣れれば難しくは無いですが、癖のある模造銃も。最後も「銃腔実包異物無し」で締めます。
それから引き金に指をかけないこと。危険行為で減点されます。でもついついかけてしまう・・。要注意。
それから射撃姿勢の講習。
団体行動時の銃の扱いの講習。
銃の受け渡しの講習。
休憩時の銃の扱いの講習。
など多岐にわたります。
銃の扱い以外にも、距離の目測試験や鳥獣の判別試験もあります。
鳥獣の判別のポイントは鴨。判別しなければならない鴨多すぎ。
マガモ、コガモ、カルガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ハシハジロ、スズガモ、キンクロハジロ、クロガモ。
記憶力が減退する50代にはつらいっす。
試験の本番は今週木曜日。がんばりまっす。

狩猟免許初心者講習会 狩猟・農業・林業などアウトドアフィールドで活躍される方々に役立つ ツールや資材を開発・提供しています。

Copyright©Fielder’s(フィールダーズ),2017 All Rights Reserved.