Fielder's(フィールダーズ)

山の端日記

飯田線でGo!!

  カテゴリー:伊那と周辺の様子・イベント  タグ:

さて、今回の伊那入りの出発点は、愛知県の豊橋駅です。

伊那谷を走る唯一の鉄道路線は「JR飯田線」ですが、その始発駅(終点)が豊橋駅なのです。
この飯田線、秘境駅がたくさんあるローカル線として有名で、季節によっては「飯田線秘境駅号」という飯田線の秘境駅を巡る臨時急行が運転されたりと、知る人ぞ知る人気の路線です。
私も伊那へ行き来するようになって、飯田線のことを知り、一度乗ってみたいと思っておりました。
しかし、豊橋発の場合、特急は1日2本で飯田止まり、さらに秘境駅は全飛ばし。全線を走る各駅停車は1日3本、それも10:42に豊橋駅を出発した列車が、伊那市駅に着くのは16:43。実に6時間の列車旅となりなかなか敷居が高い。ですので今まで行きたいと思いながら行くことはできませんでした。
今回のきっかけは駒ヶ根市から来た封書。
駒ヶ根市主催の移住相談会に参加したこともあって、たまにイベントの案内が来ます。
内容は「飯田線で行く!冬の信州 駒ヶ根体感ツアー」
https://www.rakuen-shinsyu.jp/modules/event/page/398
駒ヶ根市が列車を借り切ってPRイベントを行うとのこと。
凄いぞ駒ヶ根市の熱意。
私達が駒ヶ根市へ移住することはなくなってしまいましたが、今でも大好きな町で、ちょくちょく遊びや買い物に行っており是非とも応援したい町ですし、移住希望者でなくてもOKとのことで、参加することにしました。
ただ集合AM6:30で、当日朝自宅出発だと到底間に合わないので、豊橋前泊です。
実際の集合時間は7:15となりまして、改札付近の集合場所へ行ってみると、案外参加者は少ない様子。定員は80名とのことでしたが、実際は40名も居ないのではないでしょうか。やはり出発時間が早すぎるのが原因か?
もったいない。参加者はゆったりとできるので良いのですが・・。応援隊としては複雑です・・。
出発は7:55。駒ヶ根に向けて出発です。


この列車はただの貸し切り列車で、「秘境駅号」ではありません。しかしJRさんの好意?で見所や景色の良いところでは、説明のアナウンスがあり、スピードダウンして乗客へサービスしてくれます。
(車掌さんは「本当はここまでしなくて良いと上司には言われたんだけどね」とおっしゃってました(^^;)
面白い形の駅舎がスローダウンした車窓を通り過ぎます。
これは東栄駅の「鬼」をモチーフにした駅舎。

また車内行事としてクイズや、駒ヶ根特産品の振る舞いもあります。


列車は行き違いのために時々停車しますが、途中下車できたのは、中部天竜駅と、秘境駅の「為栗」駅←読めます?難読駅が多いのも飯田線の特徴らしい。
正解は写真の駅名看板で。

この駅で20分停車です。為栗駅近くの吊り橋へぶらぶらと歩きます。為栗駅に来るにはこの吊り橋を渡るのが唯一の方法です。ちなみに車は通れません。人が通ればゆらゆらする細い吊り橋です。さすが秘境駅。
秘境号で来ると一度に100人以上がどっと下車するので、秘境が秘境でなくなるという話も聞きますが、今日は少人数ですので、秘境を感じられます・・。

吊り橋から見た為栗駅。本当に何もないところに駅があるのね・・。

これは為栗駅の時刻表
普通の電車で来た場合、途中下車は難しそうね・・。

為栗駅を出発し、天竜川を渡ります。飯田線は天竜川沿いを走りますが、天竜川を渡るのは2回だけだそうです。
ちなみにトンネルは138箇所!

天竜峡駅からは、下條村、喬木村、飯田市のPR部隊も乗車され、各々熱心に地区のPRをされます。
がんばれ、南信州!喬木村のいちご、とってもおいしかった。
飯田駅到着後、お弁当が配られます。
駒ヶ根の特産品を活かしたお弁当とのことで、とてもおいしく頂きました。表の紙に特産品が描いてあります。覚えておきます。ちなみに描いてあるのはソースかつ、伊那醤油、凍り豆腐、くるみ、野沢菜漬け、信州米、黒駒(ごま)。


駒ヶ根駅到着前にはクイズの賞品として、うちはロープウェーの優待券とお米をゲットしました。
他にもソースやウィスキーなど色々ありましたが、これらはふるさと納税の返礼品としてもらうことができます。
一度見てみてください。
http://www.city.komagane.nagano.jp/index.php?f=hp&ci=12942
さて、楽しかった旅も駒ヶ根駅で終わりです。

参加する前は、5時間半の電車旅なんて絶対退屈するわぁ、と思っていたのですが、駒ヶ根市他、関係者の皆様のおかげで全く退屈することなく、居眠りもすること無く、楽しむことができました。
この旅の参加者全員、駒ヶ根をPRするという使命を負わされましたので(^^)、機会があればどんどんPRしていきたいと思います。いや本当に良い土地が見つからなかっただけで、ご縁があったら駒ヶ根に住んでましたよ。駒ヶ根良いところだと思っています。
駒ヶ根への移住に関しての情報は下記で。
http://www.city.komagane.nagano.jp/index.php?ci=16412&i=13123
さて、ここからさらに飯田線に乗って伊那北駅へ向かいましょう。

飯田線でGo!! 狩猟・農業・林業などアウトドアフィールドで活躍される方々に役立つ ツールや資材を開発・提供しています。

Copyright©Fielder’s(フィールダーズ),2018 All Rights Reserved.