Fielder's(フィールダーズ)

山の端日記

グラタン

  カテゴリー:伊那での暮らし(お料理), 薪ストーブ  タグ:

先週薪ストーブを使用していると、燃焼室のガラスが曇ったり、黒く煤けたりするので、買い物ついでに寄った薪ストーブ屋さんで、聞いてみると原因の一つは薪の乾燥具合かもしれないと。
それで、さらについでに寄ったコメリでナラの木の薪が売っていたので、買って試してみることにしました。
帰ってさっそくくべてみます。
やっぱり煙が若干少なく、ガラスの汚れが少ないようです。
薪の乾燥具合は大事なことのようですね。
この前焚いた木は9月に割ったものだと思いますが、ちょっと乾燥期間が足らなかったみたいですね。
とはいえ、コメリで買えば高いので、ガラス掃除をしつつ今の薪を使っていきましょう。
炊き方のこつも少し分かってきて、
とりあえず最初にガンガン火を熾してストーブの温度を上げる、上がったらメインの空気取り込み口を絞って、二次燃焼用の空気取り込み口を開く。そうすれば綺麗なオーロラ燃焼を作ることができました。
薪ストーブ本体の温度管理する温度計も必須ですね。買っといて良かった。
さてさてさて、今日の薪ストーブ料理は・・、
これも定番のグラタンです。
スキレットに盛って、パルメザンチーズをたっぷり振りかけて・・。

20分ほどでできあがりです。

焦げ目がうまい!
二人でペロリでした。
本日も大変おいしゅうございました。

グラタン 狩猟・農業・林業などアウトドアフィールドで活躍される方々に役立つ ツールや資材を開発・提供しています。

Copyright©Fielder’s(フィールダーズ),2019 All Rights Reserved.