Fielder's(フィールダーズ)


1.モーターでのロータリー機構により、丸鶏が360°回転。焼きむら無し。
2.蓋付きオーブン構造で、高効率。わずかな炭で素早く焼ける。
3.温度計付きで最適な温度管理が可能。余分な油を落とし、皮はパリッと中はジューシー。



回転する丸鶏との間に無駄な空間を作らない対流と空間を考えた円筒デザイン。
また、蓋付き構造でオーブン空間を作りますので、効率よく丸鶏に熱を加えることができます。

丸鶏をジューシーに美味しく焼くためには、温度を上げすぎず、120度から150度程度でじっくり焼きます。
この温度を管理するためには、温度計が必要。ローリングリルはその温度計をしっかり装備。

温度計があっても、温度を調整する手段が必要です。
基本的には温度調整は炭の量で行います。
ローリングリルは炭床が簡単に引き出せるので、炭の出し入れが簡単。
油の落ちる場所から炭を移動させるなど、炭の配置も簡単に変えられます。

温度調整は蓋の開閉でも行えます。
温度を上げるときは、蓋を完全に閉じます。温度を少し下げる場合は、蓋を少し開けて温度調整を行って下さい。
焼け具合を確認するために、半開にもできますし、前回ももちろん可能。
蓋を全開にする場合でも、本体に引っかけられるので、蓋の置き場所に困りません。

丸鶏をぐいぐい回す、モーター式のロータリー機構。
クランプ機構でバーのギアをしっかり固定、空回りもありません。
クランプ機構を解除すると、串の取り外しも簡単です。

円筒デザインなのに分解可能。収納時にはコンパクトになります。
保管に場所を取りません。


工具なしで組み立てられる簡単構造。
組立にかかる時間はわずか2分。


もちろんチキン以外も焼けます。
ローストビーフなんか大得意です。
ロティサリーポークや、ミートローフなどいかがですか。
焼き芋オプションも開発中

一般の食器や厨房用品にはSUS201やSUS430のものもありますが、「ローリングリル」には
品質の高いステンレス(SUS304)を使用しています。
また厚みもよく使われる板厚0.5mmではなく、厚めの1mm板を使用しています。
(ただし蓋は軽くするために板厚0.5mm使用)

組立時サイズ 563mm x 563mm x 820mm
重量 6.9kg
材料 SUS304(ステンレス)

2kgの丸鶏が丁度収まるサイズです。
また1kgの丸鶏ならば、2羽を同時に焼けます。
足や手羽が引っかかる場合は、たこ糸などで縛るようにしてください。

使用電池
アルカリ乾電池、ニッケル水素充電池
(マンガン電池は寿命が短くなりますので対応しません)
単三形 3本

使用環境温度 5℃~30℃

 

 

ローリングリル 狩猟・農業・林業などアウトドアフィールドで活躍される方々に役立つ ツールや資材を開発・提供しています。

Copyright©Fielder’s(フィールダーズ),2022 All Rights Reserved.