Fielder's(フィールダーズ)

山の端日記

monterinaへ行って、ものの価値と値段を考える

  カテゴリー:伊那と周辺の様子・イベント, 伊那周辺のお店・温泉  タグ:

所要があって駒ヶ根へ。
天気が良かったので、木曽駒も、南アルプスも綺麗に見えました。
駒ヶ根からは北岳が見えるのが良いですね。

帰路に新しくできた施設、monterinaに寄りました。
この施設、「かんてんぱぱ」がプロデュースしたもので、3/18にオープンしたばかりです。
とっても綺麗。
平日だというのに結構人がいっぱい。

中味はというと、俗に言うセレクトショップでしょうか。
ただの土産物屋では無く、ちょっと良いものを、選りすぐっておいてある感じ。
1階はフード関係、2階は小物類。

ちょっと良いものだけあって、お値段もちょっと良い・・。
これ美味しそう・・。(値段確認して)「高ーっ」
このグッズ良さそう・・。(値段確認して)「高ーっ」

高いとは思うのですけど、でも本当のところ、アイデア考えて、開発製造・製作する手間を考えたら、それぐらいとっても全然良いと思うんですよね。
100均やホームセンターなどで売っているものが安すぎるんです。

うちもものづくりするときに、値付けにすんごく苦労します。
苦労して作って、これぐらいは欲しいと思っても、買う人の価値観とマッチしなければ、売れません。

このバランスが本当難しい。

良いものなのに何で売れないんだろうと、いつも思ってます。
きっと高いのでしょう。
そりゃ少数しか作らなければ、高くなります。
かといって売れるかどうか分からないものを大量には作れません。
零細企業のジレンマです。

置いてあるものが良いモノ、良い価格なので、色々考えさせられました。
是非売れて欲しいです。

やっぱり良いものには刺激を与えられます。
工夫と努力を感じて頭が下がります。
気がつけば結構熱心に見入っていました。

私ももう少し頑張ります!

 

monterinaへ行って、ものの価値と値段を考える 狩猟・農業・林業などアウトドアフィールドで活躍される方々に役立つ ツールや資材を開発・提供しています。

Copyright©Fielder’s(フィールダーズ),2022 All Rights Reserved.